2006年07月27日

Nightmares & Dreamscapes - The End of the Whole Mess

スティーヴン・キングの短編小説を映像化したミニ・シリーズ
NIGHTMARES & DREAMSCAPES 第4話 『争いが終わるとき』

2011年11月25日、ドキュメンタリー監督のハワードは、カメラに向かって、弟ボビーを殺した経緯を話し出した...。

幼い頃から天才だったボビーは、戦いを繰り返す人間の愚かさに早くから気づき、それを嘆いていた。そして、あの運命の2001年9月11日を境に、それまで以上により世界平和を願い、それを実現させるための研究に没頭するようになった。

そして数年後、人間の闘争心を抑える物質を発見したボビーは、ハワードの協力の元、それを世界中に広めることに成功。こうして、本当に戦争の無い理想の世界が実現した。世界平和に貢献したと称えられたボビーたち。しかし、平和と引き換えに恐ろしい事態を引き起こした事にまだ気づいていなかった。

一体、何が起きたのか? そして、ハワードはなぜ弟を殺さねばならなかったのか...。

* * * * *

ボビーを演じているのは 『E.T.』 のヘンリー・トーマスでしたが、観ている間は全然気がつきませんでした。えらいオッサンになってたもので。
原作 『争いが終わるとき』 は 『いかしたバンドのいる街で ナイトメアズ&ドリームスケープス I』(単行本) や 『ドランのキャデラック』(文庫本) に収録されています。

いかしたバンドのいる街で
ナイトメアズ&ドリームスケープス I

4163189807
Amazonで詳しく見る by G-Tools
  ドランのキャデラック
4167705176
Amazonで詳しく見るby G-Tools


posted by キント at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | エピソード
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

E.T.
Excerpt: E.T.『E.T.』(''E.T. the Extra-Terrestrial'')は、1982年のアメリカ合衆国|アメリカのSF映画。少年エリオットが地球に取り残されてしまった異星人と友達になり、故..
Weblog: 特撮動画への誘い
Tracked: 2006-08-05 03:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。